こすたりかの名物「アメリカンチョコチップケーキ」誕生秘話をご紹介致します。

アメリカンチョコチップケーキの誕生は、30余年前のある日、カリフォルニア州のサンタバーバラより船便のパッケージが届いたことに始まります。そのパッケージの送り主はアメリカ出身の友人のお母様、ランス夫人でした。

届いたパッケージを開けてみると、中には美味しそうなクッキーのような、あるいはケーキのようにも見える、私にとっては初めて目にするお菓子が入っていました。

早速そのおいしそうなお菓子を食べて驚きました。その食感と味、サックサクのメレンゲ、甘いチョコチップ、クッキータイプの台の絶妙なハーモニーはそれまで体験したことのないものでした。しかも、当時の船便での荷物は到着までに約1カ月ほどかかるものでしたが、まるで焼きたてのように感じました。

どうしてもこのお菓子をここ日本で再現したくなった私は、ランス夫人にお願いしレシピを入手することができました。しかし日本とアメリカでは度量衡や温度の表記がまったく異なっています。それだけでなく日本の気候でそのお菓子を再現するには試行錯誤が必要でした。

最終的にはこすたりかオリジナルの「アメリカンチョコチップケーキ」として完成に至り、ランス夫人より販売の許可を得ました。他店では絶対に味わうことのできない「アメリカンチョコチップケーキ」はこうして生まれたのです。

 

mama

ランス夫人