村上春樹さんの作品が好き。それを世間では「ハルキスト」と呼びます。だから私はハルキストなのでしょう。


始まりは十数年前にアメリカの友人から贈られた一冊。「羊をめぐる冒険」でした。大学生になったばかりの彼が感銘を受けたと、アメリカで買った文庫本を日本にいる私に贈ってくれたのです。日本語の本を送料をかけてわざわざ送ってくれた彼の思いは熱いものでした。

村上氏独特の不思議な世界、村上ワールド。少しずつ面白さがわかり始め、彼の著書の数々を読み始めたのです。「1Q84」の展開の面白さにハマり何度か読み返したほどです。


待ちに待ってた「騎士団長殺し」
さてどんな展開が待っているのか。すでに読み始めた私はドキドキしながら読み進みます。

 

…………………………………………………………………….
コーヒーとケーキの「こすたりか」のひとりごとでした。

ハルキスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA