時々読みたくなる絵本です。
大きな木といつも一緒に遊んでいた男の子の成長と無償の愛で応える木の物語。
何度読んでも涙します。母を思い出します。

日本語版も出版されています。コーヒー片手に読んでみませんか。

 

………………………………………………….

小さな町の喫茶店、美味しいコーヒーとケーキの「こすたりか」のひとりごとでした。

The Giving Tree

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA