茶々

戦国時代と幕末が好きな私はかなりの数の作品を読んできました。
井上靖の「淀どの」とも違う
永井路子の描く淀殿とも違う
秋山香乃さんの感性で描いた茶々を信長、秀吉、家康それぞれの人物と絡めて描く作品。

ひとりごと

前の記事

ホッと一息