国木田独歩が『豊後の国佐伯』で「佐伯の春まづ城山に来たり」と書いています。

この町の中心にあるちいさな山、かつてお城が立っていたので城山と呼ばれています。
この山は佐伯の四季をいちばんに知らせてくれる、そんな場所です。
数年ぶりに上ってみました。

台風接近とは言われていましたがそよぐ風はすでに秋の色。
空も高くなり、まさに「佐伯の秋まづ城山に来たり」です。

11

今日も読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

 

佐伯の秋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA