戦国時代と幕末が好きな、いわゆる歴女の私が、ずいぶん前に読んで感銘を受けた司馬遼太郎作品の「関ケ原」が映画化されたので観に行きました。

岡田准一演じる石田三成は原作にとても近く、島左近演じる平岳大の演技が圧巻です。たった半日で勝敗が決まった関ケ原の戦いでのそれぞれの武将の駆け引きは歴史好きにはワクワクするもので、2時間半があっという間に感じるほどでした。

映画のあとで原作をまた読み始めました。この秋は戦国時代にどっぷりつかりそうな気がします。

…………………………………………………………………………….

こすたりかのひとりごとでした

関ケ原

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA